オレ流取りまとめニュース速報

オレ流取りまとめニュース速報は主に2chのまとめブログです。今、起こっている政治経済や芸能ニュース、スポーツなど新鮮な情報を毎日お届けします。


    創造産業を両有する「持続可能な都市(Sustainable Cities)」を推進することを決めた。 2019年からの新型コロナウイルス感染症の流行に伴うコロナ不況に対し、コロナ終息後の経済回復にこそ創造産業が役立つとして、ユネスコはその支援体制を整えはじめた。
    45キロバイト (5,057 語) - 2020年4月5日 (日) 07:42



    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    相談窓口がパンク状態!!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/04/04(土) 04:38:16 ID:AF9f4QS/9.net

    ・多くの経営者の悩み

     「廃業しろというのか」都内の寿司店経営者は、このひと月の惨状を話します。例年だと多い年度末の宴会の予約は、2月後半以降、ほぼすべてキャンセルだと言います。

     「うちは接待に使われるような店じゃないので、常連客のお客様に支えられていますが、自粛自粛でどんどん外食に行きにくい雰囲気が強まっているとみなさん言います。」

     この寿司店では、3月末から4月の第一週いっぱい休業することにしました。「資金が足りなければ、無担保無保証で借り入れろと言いますが、結局借金を増やすことになる。後継ぎもいるのですが、若い連中に借金を増やして、渡すことになるのはねえ」と嘆きます。

     別の都内の飲食店経営者も、「自粛要請だと政治家の方たちは簡単に言いますが、小企業、個人事業者の多い飲食店にとっては死活問題です」と言う。続けて次のようにも言います。「いつまで続くか判らない状態で、営業を自粛しろと言われても、私たちは生きていくために、お金を稼がなくてはいけないのです。誰も助けてくれないのですから。今回は、私たちのような自営業者のことを政治家の人たちはちゃんと考えてくれているのか、不安になりました。」

     

     3月に入り、筆者のところにも中小企業や個人商店の経営者のみなさんから、「どこに相談に行けばいいだろうか」という相談が寄せられることが多くなりました。それだけ「何とかしなくてはいけないが、どこから手を付けて良いか判らない」という経営者、自営業者が多い現実があるのです。

    ・3月期の売上高が急減

     東京商工リサーチが発表した3月31日18:00現在での「新型コロナウイルス」関連倒産状況によれば、経営破たんは25件(倒産10件、法的手続き準備中15件)に上っています。また、「新型コロナ」関連の経営破たんは、地域が全国に広がっており、食品製造販売、レストラン・飲食店、宿泊・観光業、アパレル販売など、インバウンド需要と消費者対象の小・零細企業で経営難に直面しているところが圧倒的に多くなっていると分析しています。

     同様に帝国データバンク「TDB景気動向調査」でも、3月に入り企業の売上高は減少傾向が強まっていることが明らかになっています。 2020年3月(速報値。 3月17日~24日の集計結果)で、 売上高が減少している企業は55.8%と半数を超えています。特に、旅館・ホテルや家具類小売、 飲食店、 娯楽サービスなどで売り上げが前年同月より減少している企業が多くなっていることも判っています。

    ・卸売業・小売業・宿泊業・飲食サービス業で働く人は全体の約3割

     新型コロナウイルスの深刻な影響は、流通業、飲食業などに及んでいます。2016年の「経済センサス」によると卸売業・小売業で働く人は約1千184万人、全体の約2割です。宿泊業・飲食サービス業で働く人は536万人、全体の約1割です。

     卸売業・小売業・宿泊業・飲食サービス業を合計すると、全体の約3割となり、製造業で働いている人をすでに大きく超しています。この傾向は、1990年代以降強まっているのです。それだけに、今回の新型コロナウイルスによる卸売業・小売業・宿泊業・飲食サービス業への悪影響は、そのまま多くの働く人たちに直結するのです。

     「相談窓口は、多くの経営者で一杯です。電話相談もなかなかかからないと言われるほどです。」都内の商工会議所所員は、さらに続けて次のようにも話してくれました。「政府の支援制度が、毎日のように拡充されているので、今日はダメでも、明日来れば受け付けられるということもあります。現場も混乱しています」とも言います。ただ、「借入金で、3月、4月を乗り切ったとしてもその先、どうなるのだろうかと、不安な様子で相談する経営者が多いです。」

     実際、都内で緊急の融資を申し込んだ小売店経営者は、「申し込みは受け付けてもらいましたが、審査が大量にあり、融資ができるのは、早くても一か月先。場合によると二か月先になるからと言われました」と言います。前出の商工会議所の所員も、「資金繰りが苦しくなるのが数か月先だとしても、それが予想されるのならば、今、手続きを行っておいた方が良い」とアドバイスします。

    4/1(水) 6:30
    https://news.yahoo.co.jp/byline/nakamuratomohiko/20200401-00170863/

    前スレ 2020/04/02(木) 20:44
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1585872325/


    【【コロナ不況】「廃業しろというのか」〜個人事業者や中小企業経営者の悲鳴⁉】の続きを読む


    アレグザンダー・ボリス・ド・フェファル・ジョンソン(Alexander Boris de Pfeffel Johnson, , 1964年6月19日 - )は、イギリスの政治家。イギリス首相(第77代)、保守党党首(第28代)、ジャーナリスト、歴史家。 庶民院議員を2期務め、ロンドン市長(2期)、
    44キロバイト (5,410 語) - 2020年4月4日 (土) 00:36



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    えっ?もしかしてこれは重症⁉

    1 みつを ★ :2020/04/06(月) 05:32:11.01

    https://twitter.com/47newsflash/status/1246898215842017280?s=21
    2020/04/06

    【ロンドン共同】英主要メディアは5日、新型コロナウイルスに感染したジョンソン英首相が病院に搬送されたと報じた。
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【コロナ速報】ジョンソン英首相、病院へ搬送⁉】の続きを読む


    2019新型コロナウイルス > 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) > 新型コロナウイルス感染症の世界的流行 新型コロナウイルス感染症の流行(しんがたコロナウイルスかんせんしょうのりゅうこう)では、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染による急性呼吸器疾患(COVID-19)の世界的流行について説明する。
    244キロバイト (27,302 語) - 2020年4月5日 (日) 19:54



    (出典 www.jiji.com)


    保健所がパンクで検査が出来なかったら、そうなるでしょう。とうとう政府の対応の遅さが裏目に出た。

    1 首都圏の虎 ★ :2020/04/06(月) 00:31:29.47


    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    【まとめ】

    ・日本で新型コロナウイルス感染の検査数がきわめて少ない。

    ・感染拡大防止の最善の方法はPCR(核酸増幅法)検査の拡大。

    ・日本の検査数は人口100万あたりの検査回数では世界第11位。



    アメリカでの官民あげての新型コロナウイルス感染の防止対策を現地で目撃すればするほど、日本での爆発的な広がりが懸念される。最大の理由は日本で新型コロナウイルス感染の検査数がきわめて少ないことである。

    トランプ政権は感染拡大の阻止にはまず新型コロナウイルス感染の検査の範囲を最大限に増すことに全力を注ぎ、つい検査件数は100万を越えたと発表した。だが日本では検査件数の合計は5万強と、アメリカだけでなく他の諸国よりもずっと低い。

    トランプ大統領は3月30日の記者会見で「ついにアメリカでの新型コロナウイルス感染の検査は合計100万をやっと越した。この数字は全世界でも最多であり、アメリカの防疫対策が効果を発揮していることの証拠だ」と強調した。

    アメリカではこの中国発の新型コロナウイルスの拡大を防ぐ最善の方法は感染者の治療ととともに、まだわかっていない感染者を発見するための検査の拡大だとされている。このテストはPCR(核酸増幅法)検査と呼ばれる方法である。

    ではなぜ検査が新型コロナウイルス感染の拡大を防ぐには有効なのか。

    大統領直轄のホワイトハウスの新型コロナウイルス対策本部の調整官デボラ・バークス医師は3月26日のホワイトハウスでの記者会見で説明した。


    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    「このウイルスはすぐに症状が出ないため、感染者が活発に動いて、多くの人と接触して感染させてしまうケースが多いのです。とくに若い世代が感染しても症状がほとんど出ない、あるいは軽いという場合が多く、それでも他者に感染させる危険は高く、その結果、重い症状の出る高齢層に移してしまい、死亡などの被害が増えるのです。だから早期の広範な検査で症状がまだ出ていない感染者を発見して隔離することが感染の拡大を止めるうえで効果的かつ不可欠なのです」

    ちなみにこのバークス医師はオバマ政権でもエイズの防止対策で活躍した細菌・ウイルス対策専門の著名な女性専門家である。トランプ政権に請われて、新型コロナウイルス対策本部に入り、トランプ大統領の連日のコロナ問題での記者会見には必ず同大統領のすぐ後ろに立って、必要に応じて、解説をする。その優雅な態度と明解な発言はアメリカの幅広い層から注目されている。

    確かに感染者のできるだけ多くを症状が出る前の早い時期から探知してしまうことは感染者の全体の広がりを防ぐうえでは重要だろう。だからトランプ政権も検査の増大に力を入れる。同大統領は30日の会見では米国で所要時間わずか5分ですみ、結果の判明も2日ほどですむという新式の検査方法が開発された、と熱をこめて報告していた。

    新型コロナウイルスの検査技術ではそれまでに韓国が効率を高めていた。3月下旬までに合計で30万人に対する検査を実施したと言明し、アメリカよりずっと先をいっていると豪語していた。だがアメリカはその韓国を追い抜いたというのだった。

    この点、日本は3月末までの時点でも国内で実施した新型コロナウイルス感染の検査は合計約5万6千人に対してだった。韓国よりも、アメリカよりもずっと少ない。日本より総人口の少ないドイツでさえ、16万7千人がすでに検査を受けたという。

    世界各国のいまの新型コロナウイルス検査結果を日本経済新聞4月2日朝刊の記事がかなり詳しく報道していた。その報道によると、日本の検査数は人口100万あたりの検査回数では世界第11位とされていた。


     投稿日:2020/4/3 全文はソース元で
    https://japan-indepth.jp/?p=50962

    ★1 2020/04/05(日) 20:10:53.31
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1586097016/


    【【保健所がパンク⁉】日本コロナ検査不足で感染爆発か⁉】の続きを読む

    このページのトップヘ